エンドレス

昨日の朝・・・夜中の3時に寝たにもかかわらず、
朝5:00に起きてアルゼンチン対オランダ戦を観てしまいました。

アルゼンチンは良くロッペンを止めましたね。
アルゼンチンのGKがMOMを獲った様ですが、
オヤジ的にはマスチェラーノですね。
ロッペンのクロスやシュートをマスチェラーノが全部止めたんじゃないかな???
たった一人であそこまでディフェンスが機能できるなんて驚きです。
ただ・・・ドイツの流動的な攻撃陣に対しては機能できるのだろうか?
オヤジ的にはアルゼンチン応援の勝敗予想はドイツ有利って感じかな?
(マスチェラーノは人間的にも良さそうでファンになってしまいました。)

てな訳で2時間しか寝ていなかったので、
昨晩はコメントを書いたら力尽きて寝てしまいました(^^ゞ

で・・・キュウゾウですが恐ろしいほどの抜け毛で参っています。
家中毛だらけで2台の掃除機がすぐに満タンになってしまいます。
「キュウちゃんブラッシング!」
と言うとすぐに風呂場まで来てくれて大人しくブラッシングさせてくれるのですが、
毎日毎日まあ・・・エンドレスで。。。
こりゃあ暑い訳だ(^o^)

画像


「仕方ないよ・・・もう少しの間辛抱して!」

にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加していますのでデカいバナーではありますが、一日一回クリックお願いしますm(__)m暑いねぇ~(^^ゞ


-方位学-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

なな虎
2014年07月12日 23:15
お風呂場でぬるま湯のシャワーで洗ってあげると余分な毛がよくとれます  サッカーのとび膝けりは40年前にテレビでよく見たキックボクシングのキックの鬼 名前わすれましたがわざの名前はよく憶えていて 真空とび膝けり
と呼ばれていました だいたいこの技がでると相手は一撃でダウンKO勝ちとなるので、その後危険すぎて興行にできずにテレビ界から消えたキックボクシングですK-1でなんとなく復帰もそれもなくなってしまって 正面からいっても相手を一撃の真空とび膝蹴りを サッカーボウルに注意が行っている相手の背後から真空とび膝けりはあまりにも卑怯で危険だとおもいました。 ドリブルで足元に注意がいっているときの 裏拳も 通常の格闘で裏拳がきてもノックダウンされるのに、足元のボールをみているときには怪我してとうぜんで ボールが来ている場所でおきている事なのでそれを見抜いてファールを取らない審判を能無しとみる見方もあれば それも含めてサッカーだと見る見方もあるということですが、 消えてなくなったキックボクシングにするのか 世界的に貧乏人が多数するスポーツなのでこれでいいんだとするのか どちらを選ぶかかな?

ボロ鉄
2014年07月13日 03:28
なな虎さん>

いえいえ・・・そのファールを容認している訳でもないし、審判もそれでいいんだと言っている訳でもないんですよ。
日本が負けた原因はファールですか?審判ですか?
ファールが無くて審判が有能だったら日本はワールドカップで優勝できたか?って事なんです。

この議論ってジュニアの空手の大会の後に必ず親が2チャンネルで揉めている事と同じなんですよ。
「あの子が汚い反則したからうちの子は負けた!」
とか、
「審判の程度が低いからうちの子が負けた!」
って散々やっているんです。

確かにそうなのかもしれませんよ。
じゃあその子は審判の程度が高くて相手の子が汚くなかったら優勝できるんでしょうか?

少なくともうちの子に対してはそんな不毛な議論をする前に、
「様々な敵に対して完璧に勝つ為には何をするべきか?」
と言う事を常々考えたわけです。

IOCでもFIFAでも審判問題っていうのは完璧にはなっていないんですよ。
IOCもFIFAもそこは謙虚に受け止めて日々改善していくべく努力していると思うんです。

日本はFIFAが完璧に改善すれば優勝出来る訳では無いのだからそこに注力していては意味が無いんです。

・・・て事を言っているんです。

因みにキックの鬼・・・沢村忠についてはDVDを入手して倅とコンビネーションその他かなり取り入れました。
沢村忠の凄さは真空飛び膝蹴りだけではなく、そこに持ち込む試合運びやその他の突き蹴りコンビネーションの巧みさなんです。
危険すぎて興業が出来なくなったわけでは無いんですよ。

この記事へのトラックバック